プレイヤー名
アイリス・ケリー
さようなら、愛した人
アイリス・ケリー   
アイリス、アンタ   
   
人間    
神人 (攻撃回数:1)    
40 (経験値:10983)    
光    
水    
女性    
10月15日    
23歳    
161 cm    
普通    
茶色系    
赤色系    
色白    
礼儀正しい    
私    
名前で、~さん    
~です、~ですね    
使う    
   
135    
93    
35    
78    
97    
78    
66    
70    
99    
315    
285    
268    
44    
47    
47    
   
ある日、オーガと戦う自分のビジョンが見えて顕現した
   
丁寧な話し方でいつも微笑んでいるが、姉の模倣。
自分らしくあるべきだと理解してるが癖になっている。
肝が据わっていて敵への同情はない。
甘いものを食べてるときだけは心底幸せそうに笑う。
特技は占星術。

名家の次女として生まれ、跡取りである姉を支えるべく育ち、姉の為に生きてきた。
けれど神人となった姉は目の前でオーガに食われた。
姉の為に生きてきたアイリスが『ラルクの為なら死ねる』と思った時が賭けの終わり、となるはずだった。
女神の行いがその賭けを破綻させ、己を憎んでいたアイリスは己の存在自体を否定することにいたる。
最後の戦いは最期の戦いへ。
精霊達と別れ、一人命を絶つ。
ラルクからもらった赤いピアスの片割れだけを抱いて。

実年齢=外見年齢
右利き
銀髪、瞳は赤
かつて目には緑のカラコン、髪は栗色に染めていた
精霊とも連絡を絶っている間に髪は本来の色へ
ラルク・ラエビガータ   
ラルクさん   
   
ファータ    
シノビ (攻撃回数:3)    
42 (経験値:9541)    
闇    
火    
男性    
5月16日    
27歳    
179 cm    
細マッチョ    
金色系    
赤色系    
日本人肌    
クール    
俺    
呼び捨て    
~だ、~だろう    
使わない    
   
143    
97    
265    
104    
157    
128    
73    
67    
74    
350    
242    
274    
49    
45    
50    
   
猛き心を    
   
明るく話すが、冷めている。
社交的なのは他人に立ち入らせない為。
人を信用はしても信頼はしないタチだったが、近頃は一部の仲間と話すのが楽しい模様。
本人は無自覚。
自身が傷付く事も、人を傷つける事にも一切の恐れも躊躇いも無い。

神人と賭けをしていた。
ラルクにとって神人が壊れるということは、彼女が『姉の為の存在』であることを放棄すること。
賭けは終わる前に壊された。
殺してやりたいと思うほどに愛した玩具がなくなった以上、ラルクが一つ所に収まっている理由も無くなった。
エリアスにアイリスのことを伝えた後、どこで何をしているのかは誰も知らない。

実年齢=外見年齢
両方使えるが、基本的には右手。
日に焼けた金髪、カーマインの瞳

贈ったピアスは所有印代わりだった。