プレイヤー名
栗花落 雨佳
もうすぐお別れ…かな…
栗花落 雨佳   
雨佳   
   
人間    
神人 (攻撃回数:1)    
20 (経験値:4125)    
闇    
水    
男性    
1月28日    
19歳    
168 cm    
細い    
黒色系    
青色系    
色白    
ミステリアス    
僕    
名前で、~さん    
~だね、~だよ    
使う    
   
72    
53    
0    
6    
3    
0    
34    
39    
37    
87    
60    
45    
23    
26    
29    
   
オーガ上位種ギルティと接触した時に顕現した
   
ド田舎にある村の雨乞い巫女の家系出
実際は雨乞いの為の人柱一族
幼い頃からそうなる様育てられていたので、何に対しても執着せず物事を受け入れる性格故何事にもあまり動じない
儚げでぼんやりしている事が多い

オーガに村を襲われ、壊滅している
一心不乱にその様子を絵に描いていたのを見たギルティが面白がって見逃した
その時の記憶は曖昧だがギルティの姿だけは鮮明に覚えており、羨望・畏怖を感じている

絵の才能がある様だが盲目的
あまり物事に執着しないが、絵を描いていると周りが見えなくなる
ほっておくと餓死寸前になる事も

言動の真意がつかめない
何を言っても基本嘘くさく聞こえる
実際はどうでもいい事が多い

髪;艶々漆黒ショート
瞳;深い青色
睫毛が長く、アンニュイな雰囲気
黒縁眼鏡は伊達
服;頓着が無いので適当(〇印〇品的なシンプルさ)
イメージ;全体的に華奢で儚く女性的
唇が紅を塗った様に赤い
アルヴァード=ヴィスナー   
アル   
   
ディアボロ    
エンドウィザード (攻撃回数:0.5)    
20 (経験値:4125)    
闇    
水    
男性    
12月24日    
23歳    
185 cm    
細マッチョ    
紫色系    
金色系    
日本人肌    
偉そう    
俺    
呼び捨て    
~だろ、~だぜ    
使わない    
   
83    
51    
394    
53    
73    
2    
43    
37    
41    
59    
43    
39    
29    
25    
24    
   
我は請う。栗の花散らし潤いを与えん。    
   
俺様気質
でも、なんだかんだ言って面倒見はいい
いつも物事に無頓着な雨佳に罵声を浴びせつつ世話を焼く
面倒見の良い理由の根本は独占欲
本人はまだ気付いていないが、ペースを乱されている事に苦悩している
最近任務を共にするウィンクルムが皆ボケ属性でツッコミが追いつかず苦労性気質になっている

普段はトラットリアのシェフ
幼い頃からトラットリアの厨房に入り浸って進んで手伝いをしており、そのままそこのシェフになった
トラットリアらしく豪快な料理・盛り付けが多いがドルチェは繊細なものを得意としている
いつか自分の店を持つのが夢

無心だったり、何かが乗り移った様に絵を描く雨佳をちょっと怖いと思ったり、芸術家ってみんな変人なんだなと思っている
半分諦めている

角は本当は黒色
雨佳との初対面の時に怯えられたので羊の角の様な黄土色に染めている

髪;濃い紫の髪。ウルフカット。
角;丸みを帯びた太い羊角。後ろ一巻き半。
瞳;金色の三白眼。
服;身体のラインがはっきり分かるタイトな服装を好む。