(イラスト:越智さゆり IL


夢路 希望の『聖なる夜に恋の魔法を!』
巴めろ GM

プラン

アクションプラン

夢路 希望
(スノー・ラビット)
※1

目の前に広がる幻想的な光景を見つめ息を吐く
「…綺麗…」
同時に視線を感じてチラリ窺うと目が合い、もじもじ

誘われた理由に頬染め目を伏せる
考えるのは大教会での願い事とこれからの事
(叶えたい…けど…)
足を止め
繋いでいた手をそっと離す

前に、スノーくんの夢を教えてもらいましたよね(依頼95
あんな風に毎日を一緒に過ごせたら…きっと楽しいだろうなって思うんです
でも…私、スノーくんが夢に見てくれたような女性じゃなくて
早起きは苦手だし、お料理は好きだけど手際が悪いし…
最近やっと少しだけできるようになったけど、まだ、全然駄目で
きっといっぱい迷惑をかけるから…(人差し指に塞がれ
…っ
嫌われると思ったのに
…一緒、なら…もっと頑張れそうです
向き合うと深々と頭を下げ
「よろしく、お願いします」

抱き上げられたらびっくり
重いから下してほしいけど大好きな笑顔を見ると何も言えなくて
つられて微笑みを返す
…ありがとう

リザルトノベル

●2人、霧氷の花の下
「ノゾミさん。手、繋ごう?」
 鮮やかな赤の双眸を和らげてスノー・ラビットが強請るように手を差し出せば、はい、と応じて、おずおずと差し出される夢路 希望の手。指と指とが絡まれば、幸せ色の恋人繋ぎ。
「ふふ、こうしてるとあったかいね」
「は、はい。……本当に、すごく」
 繋いだ手に互いの温度を感じながら、2人は、幻想的にライトアップされたスノーウッドの森を行く。希望の歩調に合わせて、ゆっくりとした足取りで。眼前を彩る光景に、ほう、と希望が感嘆の息を吐いた。冷えた空気を淡く揺らす、白い息。
「……綺麗……」
 思わず喉が震えた、という調子の呟きに、スノーは、雪の如くに白い兎の耳をぴくりとさせる。
(この時期だけの景色は、勿論綺麗だけど……)
 その只中に立っていてなお、スノーを惹き付けて止まないものがあった。希望だ。木々に咲いた純白の霧氷の花が、イルミネーションの灯りに照らされて踊るように色を変えている。焦げ茶めいた瞳にそんなひと時の芸術を映し、霧氷の舞いに見惚れる希望の横顔の、なんて美しいことだろう。
(ドキドキしちゃう……そんな顔反則だよ、ノゾミさん)
 そんなことを考えていたら、ふと、チラリとスノーへと向けられる黒茶の眼差し。視線を感じた気がして、ちょっと様子を窺ったつもり、だったのに。視線と視線が、誤魔化しようもなく絡み合ってしまった。面映ゆさにもじもじとする希望を前に、気付かれちゃった、とスノーも目元を柔らかくして悪戯っぽく照れ笑い。そんな一幕を機に、前を向いて再びゆるりと歩を進めながら、スノーはごく静かにこう切り出した。
「ここのイルミネーションを見た恋人はね、その後も末永く付き合いが続くっていわれているんだって」
 それは、『スターライト・スノウ』に纏わる、愛を祝福するようなあたたかな言い伝え。緩やかに流れる歌の如くに、或いはそっと寄せる波の如くに。しっとりと紡ぎ上げられる耳心地の良い声に、希望は黙って耳を傾ける。
「だから、一緒に見に来たかったんだ」
 向けられる笑顔、手渡された言葉、この場所へと誘われた理由……それらはどれも、あまりに真っ直ぐで。希望は頬を薔薇色に染めて、その眼差しを伏せた。願いを込めて、共に『セイント・チャペル』を鳴らした時のことが、脳裏に鮮やかに浮かぶ。凍える身体をあたためてくれた、スノーの温度。辺りに響き渡った澄み切った音色。そして――2人で声を重ねた、あの願い事。
(『ずっと一緒にいられますように』って。叶えたい……けど……)
 願いを思い、『これから』を思う。気付けば、希望は足を止めていた。霧氷とイルミネーションが織り成す幻想の中、希望の方からそっと離される、繋いだ手の温もり。不意に立ち止まってしまった希望の様子に、スノーは軽く首を傾けた。自分を見つめる希望の真剣な表情に、少しばかりの緊張を胸の底に湛えながら。

●あなたとなら、
「……前に、スノーくんの夢を教えてもらいましたよね」
 最初に紡がれたのは、問い掛けにも似たそんな言葉。間違いないと口にする代わりに、スノーは頷くことで応じた。2人で観た、あの不思議な短編映画。スクリーンの中には、スノーが思い描く幸福な未来、希望と共に歩んでいくという夢が確かに映っていた。
「あんな風に毎日を一緒に過ごせたら……きっと楽しいだろうなって思うんです」
 朝が始まる時も夜が終わる時も、変わらず、いつも隣に。目覚めから眠りに誘われるまでを共に過ごす、穏やかな日常を希望も想う。あの日観た光景を思い浮かべて少しだけ微笑み、けれどすぐにまた表情を固くして、希望は下を向いた。どこまでも真摯に希望と向き合いながらも、スノーは内心に首を傾げる。
(……悪い返事じゃないみたいだけど……)
 楽しいだろうな、と語った希望の言葉に嘘があるとはとても思えない。なのに、彼女の声は、ともすれば今にも泣き出してしまいそうに、暗く沈んで震えているのだ。その乖離を不思議に、そして心底から心配に思うスノーの前で、希望はか細い声で「でも」と言った。
「……私、スノーくんが夢に見てくれたような女性じゃなくて」
 くしゃり、自身の服の裾を握る希望。その手もまた、声と同様に震えを帯びている。
「早起きは苦手だし、お料理は好きだけど手際が悪いし……」
 スクリーンに映る希望は、一言で言えば『完璧』だった。スノーが起き出すよりも早くに朝食の用意を終え、彼を優しく夢の中から朝の世界へと連れ帰る。そんな、彼の夢の中に生きる自分と、今ここにいる本当の自分。二者の間の深い溝を思うと、気が遠くなりそうなほどだ。だから、『本当の私』のことを話していると、胸が苦しくなってきてしまう。
(スノーくん、今、どんな顔をしてるんだろう……)
 そう思うも、どうしても顔は上げられなくて。けれど希望は、自分を叱咤して言葉を続けた。
「最近、やっと少しだけできるようになったけど、まだ、全然駄目で……」
 イルミネーションの光を反射する足元の雪が、視界の中、じわりと滲む。
「だから、だから私、きっといっぱい迷惑をかけるから……」
 希望の唇が、その先を紡ぐことは叶わなかった。涙が声を詰まらせたから、ではない。スノーの人差し指が、優しく、けれど確かな強さを秘めて希望の唇へと当てられたから。希望の言葉を遮り、その口を塞ぐ白い指。遂に顔を上げて目をぱちぱちとさせる希望へと、スノーは、少し眉は下げながらも、にっこりとして微笑んでみせた。
「僕の大切な人のことを、あまり悪く言わないでほしいな」
「っ……。……嫌われると、思ったのに……」
 希望の言葉に、スノーはゆっくりと首を横に振る。それは違うと、彼女の心に言い聞かせるように。想いが、きちりと伝わることを願いながら。
「頑張ってくれていたこと、ちゃんと知ってるよ。契約してからずっと見てきたから」
「スノーくん……」
「……これからは、一緒に頑張らせてくれないかな。お掃除もお料理も」
 それから、と、スノーは自分の服を摘まんで、確かめるようにくるりと回った。そして、茶目っ気混じりに笑って言うことには。
「おしゃれも、ね。僕も、ノゾミさんにずっとかっこいいって言ってもらえるように、お勉強するよ」
 ね? と柔らかく笑み掛けられて、希望の顔から、やっと強張りが消えていく。ほっと息を吐いた希望のその目元が、口元が、幾らか和らいだ。
「……一緒、なら……もっと頑張れそうです」
 改めて愛しい人へと向き直り、希望は、深々と頭を下げる。
「よろしく、お願いします」
 心の芯から零した言葉は、孕む柔らかな声音とは裏腹にいっそ力強く、口にした希望自身と、そして向き合うスノーの胸へと響く。暫くして希望が顔を上げれば――そこには、森を彩る目が眩むほどの煌めきよりも眩しい、ぱあっと明るいスノーの笑顔があった。
「その言葉が、最高のクリスマスプレゼントだよ」
 どうしようもなく弾む声音で言って、スノーは嬉しさのあまり、そのまま希望の身体を抱き上げる。
「きゃ……!」
 突然のことに、希望は目を丸くして、小さく叫んだ。愛しい人に突然こんなふうにされるだなんて、慌てずにはいられない。
(お、重いから、恥ずかしい……! 下ろしてほしい、けど……)
 頬が火照るのを感じながら、希望はスノーの顔を見た。こちらに向けられた満面の笑み、大好きな彼の笑顔に敵うはずがない、そんな顔をされたら何も言えない。けれど、一つだけ、今こそ絶対に彼に伝えたい言葉があった。もう、今はスノーに釣られてしまって微笑みを返しながら、希望はぽつりと口を開く。唇が、確かに音を紡いだ。
「……ありがとう」
「僕の方こそ、ありがとう」
 くしゃり、希望だけの王子様は、あどけない子供のような顔で笑った。2人のことを見守るように、霧氷の花は、ちらちらと静かに瞬き続けている。




依頼結果:大成功

エピソード情報
リザルト筆記GM 巴めろ GM 参加者一覧
プロローグ筆記GM なし
神人:夢路 希望
精霊:スノー・ラビット
エピソードの種類 ハピネスエピソード
対象神人 個別
ジャンル イベント
タイプ イベント
難易度 特殊
報酬 特殊
出発日 2016年12月18日

開催中のイベント・キャンペーン

>>>オリジナルブック販売予定!


>>>ファンレターキャンペーン開催中!


>>>煉界のディスメソロジア
キャラクターコンバート!


>>>チュートリアル漫画むーびー公開!


>>>4thアニバーサリー!情報告知!




PAGE TOP